「自分は何か与えられるか」が大切


パートナーシップに大切なこと

こんちには! 夏は、大好きなひまわりの黄色が気分を明るくしてくれます。


7月、8月は、嬉しいことに、とても忙しい月になりました。特に結婚相談所には、お問い合わせを多くいただきました。その中での発見を今日は書かせていただきたいと思います。


随分前に、「受け取り上手がもてる!」という記事を書かせていただいたのですが、その時は、頑張り屋さん、そして謙虚すぎる女性に対して、「もっと受け取っていいと思う!」と書かせていただきました。


がしかし、今回は、「もらうだけではなく、与えるようと思うことが大切!」と、ぱっと見、真逆のことを書かせていただかこうと思っています。


というのも、ここ最近、お話しをさせていただく方、特に女性の中には、「自分はこんなに出来が悪いのですが、本当にお相手が見つかりますでしょうか。。。。」というご質問がとても目立ちます。


そして、「そんなことないですよ。誰にでもお相手が見つかるチャンスはある、そして婚活が自分磨きにもとてもいい機会でもありますよね。」というお話を一通りすると、次に必ず、こんなことを言われます。


「でも、お相手は、しっかりされていて、歳より若く見えて、年収も〇〇以上で・・・・・がよいと思っていますが、どうしたらよいでしょうか。」と、お相手に対する条件をお話しいただくと共に、自分が釣り合わないという理由をご説明いただくのです。


正直、最初は、戸惑いました。というのは、どうして、「自分は何もない」から、「相手はたくさんを持っている人」という結論になるのだろうと。


偶然にも、数名、こういった方々とお話をさせていただく機会があり考えた所で、昨日、ひらめきました!


「なるほど。自分にないところを、お相手に補ってもらえたらすばらしい。」という考え方なんだと。


お互いにない所を補って、助け合うという考え方自体は、素晴らしいと思います。ただ、自分はいい所が全くない、だから相手にすべて補ってもらおうということになると少し違うように思うのです。


お相手が男性でも、女性でも、一生懸命、自分を確立してきている方こそ、自分がすべて面倒を見てあげたい方とお付き合いをされるでしょうか。もちろん、そういった方もいらっしゃるかもしれません。ただ、厳しくてごめんなさい。ただ、私の周りを見渡すと少数派かもしれません。


特に結婚相手だったら、一緒に人生を作っていける方、自分は一人でも頑張っているけど、この女性とだったら何かもっとできる気がするという方を選ぶことが多いのではないのかなぁと。


私がお目にかかった女性は、皆さん、素敵な方だったからこそ、是非、「自分が与えられる物はなんだろう」と考えてみていただきたいのです。そうすることによって、「自分も結構、色々才能あるじゃん」と思えて、自信につながると思うのです。


そして、何より、「自分はだめだから、相手に全部頼る」という、考え方から脱出することが、パートナーを見つける第一歩ではないかと思うのです。この方達が既にお持ちの素晴らしい部分を婚活で表現できることを、お手伝いできるようにしようと、こころに決めました。


月並みですが、そうして、お互いに支え合えるという関係こそが、どんな関係でも、長続きするパートナーシップということは間違いないですもんね。


自分も、まずは、「私が自信を持って、私のパートナーに与えられる物はなんだろう。」と考えてみることにします。


読んでいただきありがとうございます!


皆様がのびのびとした日々を過ごせますように。


----------------------------------------


●毎月先着5名様のみ入会費用・成婚費50%オフ、月会費はずっと20%オフキャンペーンを実施しています。無料カウンセリングも是非、有効にご活用くださいね。強引は営業はありませんので、ご安心くださいませ。


●どなたでも受けていただけるカウンセリングのみも実施しています。

無料カウンセリング(オンラインまたは電話でも実施可能)はこちらから


●どんなご質問でもご連絡くださいませ!

お問い合わせフォームはこちらから


#婚活

#結婚相談所


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示